case.9  逆子

 そう頻繁にあることではありませんが、ヒトの人生に一度か二度あるかないといったケースには必ず鍼灸院をたずねてくることがあります。

「ちゃちゃっと据えてほしいんですが」鍼灸院というより、このケースにおいては灸院で構わないような口ぶりです。「シインってツボに灸を」

 特定のツボに灸さえやってもらえればどこでも構わないというような口ぶりで入ってきて、すぐにベッドに横になります。

「そこ、そこ」妊婦ということもあるでしょう。旦那さんと思しい男性が院長のように勝手に横にならせてから、わたしを助手のように扱って簡単に事情を説明してきます。「妊娠30週目で、エコーの検査で逆子と診断されているんで」

 という言葉だけで説明は十分だろうと言わんばかりに、あとは黙ってわたしの一挙手一投足に注視し続けます。

「……28週目くらいまではまだ胎児もおなかの中ではぐるぐる動き回りますが」などと念のためわたしの方で事実関係をつぶやきながら、間違っていることがあれば否定してもらうようにします。「……それ以降は大きくなって動かなくなってきますからね」

 灸を据えはじめているわたしの手にも、灸を据えてこようとするような熱い視線を感じ続けます……

「……ええ」それも初代と二代目の遺影が掛けてある南西の方角からの日の光を伴った視線なので、本当に自分は師匠や神々しい存在に見張られているような気分にもなってきます……「……ここで合っているよな」

 と自分の耳にのみ届くくらいのボリュームにして、シインというツボの位置についても改めて確認したりもします。

「……足の第5指外側爪甲根部、爪甲の角を去ること1分……」

 要は、足の小指の外側の爪の根元から横に1分離れた位置のことです。

「……合っているよな」

 と引き続きつぶやきながら、灸を一壮一壮丁寧に据えていきます……モグサを二本の指でより出し、反対の手の二本の指で先っぽをつまみ取って、ツボの上に置き、線香を介して火を点けていく……

「……大丈夫、大丈夫」

 と自分を鼓舞しながら過ごしていた修業時代を思い起こすように、左右のシインのツボに5壮ずつ据えていきます。前々回か前々々回のショートショートの中でもお伝えした通り、灸の回数を数える単位は壮です。

「……一壮一壮温かくなってきてる」強 〝 壮 〟 や 〝 壮 〟 健といった所から来ているのでしょう。「……大丈……ちょっと足りなくなってきたな、モグサ……」

 モグサとは、よもぎの葉の裏にある繊毛を精製したものです。

「……よし」

 〝 至陰 〟 という漢字をあてる足の末端の中でも最末端に位置しているようなツボに、モグサを置いて燃やすだけで、何故妊娠中の女性の子宮内の状況が改善されるのでしょうか?

「……これでよし、と」

 骨盤位をとっていた胎児の位置が正常に戻るのでしょうか?

「……うん」

 逆子が治るのでしょうか? という施術者であるわたし自身がまだ呑みこめていないメカニズムをすでに熟知しているかのように、久しぶりに旦那と思しい男性が口を開きます。

「いいね、いいね」とやはり師匠じみた口調のまま、いいんだよね逆子には、と続けます。「逆子には至陰だそうだから」

 〝 至陰 〟 という漢字も知っているような口ぶりです。

「陽から 〝 陰 〟 に 〝 至 〟 るちょうど通過点にあるツボだそうだから」

 それでも 〝 だそうだから 〟 という伝聞調ではあります。

「足の血行も良くなるのだそうだから」

 もしかしたら何かの医学論文でも読んで来たのかもしれません。

「子宮動脈と臍帯動脈の血流量も増えるのだそうだから」

 おそらく別の物でしょうが、この治療院の待合室の本棚にも至陰の効能を伝えた論文を載せた雑誌が一冊置いてあります。

  灸療法開始前の超音波検査の結果について胎盤付着部位は子宮前壁が13例, 
  後壁が10例, 底部5 例で特徴的な分布はみられず, 羊水量は全症例におい
  て正常範囲内だった。灸三療法に対する同意を得た後, 一日一回約30分間
  灸療法を施行した。経穴は左右の三陰交, 至陰および湧泉の計六カ所を採
  った。(中略)選穴理由は, 至陰は足の太陽膀胱経の井穴で古くから胎位
  異常の矯正に用いられている経穴で, 至陰の一穴のみの灸でも効果がある
  と言われている。(中略)灸療法の前後で超音波検査を行い胎児の位置を
  確認し, 頭位にもどったところで灸療法を終了した。
  結果
  灸療法開始時の妊娠週数は27~34週, 平均30.6 週, 治療終了時の妊娠週
  数は27~37週, 平均32.1 週だった。頭位に矯正することができたのは25
  例, 矯正できなかったのは3例で矯正率89.3%だった。頭位に矯正すること
  ができた25例について検討を行った。 矯正まで施行した治療回数は1~18
  回にわたり, 1または2回で矯正できた症例が最も多く13例で, 3回から6回
  は8例, そして11回目で3例, 18回目で1例が矯正できた。 その平均は4.1
  回であった。 なお, 灸療法施行中および施行後の陣痛様の痛みや出血など
  の早産に関連した症状を起こした症例は認めなかった。 すでに分娩に至っ
  た19例において骨盤位矯正後, 再び骨盤位に戻った症例はなかった。頭位
  に矯正され分娩に至った19例は36~41週, 平均 38.5週であった。前期破
  水のため35週6日で分娩となった1例の他は18例すべて満期経膣分娩であり,
  うち吸引分娩は3例であった。
            『日本東洋医学雑誌』 第45巻 第2号 345-350
             「骨盤位に対する灸療法の試み」藤田保健衛生大学

 もちろん西洋医学的にもいにしえより続く至陰のメカニズムは解明しきれていないようなので、このような統計をとったのでしょう。実に九割近くの逆子が治ったということになります。

「どうだい? 体の感じは?」とずっと口を閉ざしていた奥様と思しい女性にも、師匠のような口ぶりでたずねていますが、本人からしたら別の自覚なのかもしれません。「治ったかい? 治ったか?」

「治ったかはまだわからないけど」

「そうだよね、そうだよな」

「足の先っちょが温かくなってきたかも」

「そうだよね」

 逆子になりやすい妊婦のかたに血行不順による冷えが多く診られるのは事実です。

「そうだよな」とわざわざ威厳的に言い直しつつ、女性のおなかの中の方にも手を触れて、同様に語りかけていきます。「まだ上を向いてんの? 向いてんのか?」

 〝 父親 〟 という自覚なのでしょう。

「まだ出てきたくないってことだよね? だよな?」

 いずれにしても、少し違った方向をまだ向いている 〝 父親 〟 のように感じられます。

「まぁまだいいさ、いいぜ」

 きっと〝 父親 〟という位置がぶれずに安定する頃には、お子さんの位置の方も出口に対して頭が向いてくるように思われます。

「ぼくも、オレも、もうちょっと準備したい、してぇから」

 逆子の灸はできれば継続的に受けてもらいたい治療の1つです。