case.2  うつ

「بمفت,ةدنسزث‎ذطضصظجبمفت,ةدنسزث‎ذطضصظجبمفت,ةدنسزث‎ذطضصظجبمفت,ةدنسزث‎ذطضصظجبمفت,ةدنسزث‎ذطضصظجبمفت,ةدنسزث‎ذطضصظجبمفت,ةدنسزث‎ذطضصظجبمفت,ةدنسزث‎ذطضصظجبمفت,ةدنسزث‎ذطضصظجبمفت,ةدنسزث‎ذطضصظجبمفت,ةدنسزث‎ذطضصظجبمفت,ةدنسزث‎ذطضصظجبمفت,ةدنسزث‎ذطضصظج」

 本日最初の患者さんはうつを患っている患者さんのようです。

「بمفت,ةدنسزث‎ذطضصظجشكقخغح」

 医師ではないのでうつ 〝 病 〟 とまでは診断できませんが、うつ 〝 状態 〟 であることは見てとることができます。

「معالسلامة」

 異国のかたが患者でも見てとることができるのです。

「あー……ゆーあー……あーゆーおーけー?」

 わたしの発音が悪いのかもしれませんが、英語すら通じません。

 ……全然何言ってるかわからないんですけど……

 と心の中では時々ぶーたれつつも、診察をつづけます。

「بمفت,ةدنسزث‎ذطضصظجشكقخغح」

 すくなくともここが治療院であることはわかっているようです。

「معالسلامة」

 漆黒の分厚い皮膚に覆われた自身の首と肩を指さしつつ、重い足どりで診療ベッドに向かいみずから横になります。

「بمفت,ةدنسزث‎ذطضصظجشكقخغح」

 訴えていると思しい首・肩コリというのも、うつの一症状なのです。

「معالسلامة」

 全身の気と血のバランスが失調し、本来足に留まっているべき気・血までもが上昇し、頭・首・肩といった上部に過度に集中してしまうのです。

「بمفت,ةدنسزث‎ذطضصظجشكقخغح」

 いわゆる 〝 頭寒足熱 〟 という健康状態とは反対になっていることが多いのです。

「معالسلامة」

 実際に足をさわってみると、血中の鉄分だけが置き去りにされたように金属的にやはり冷たい。

「بمفت,ةدنسزث‎ذطضصظجشكقخغح」

 対して首・肩には熱感を伴った張りがあり、頭頂部の頭皮にはむくみまで生じているというのも、一つの特徴なのです。

「معالسلامة」

 本来あるべき柔軟性が失われて硬くなり、極限を超すと、ぶよぶよとむくみはじめるというシステムが頭皮にはあるのです。

「حالك؟」

 語尾が一度あがったようにきこえましたが、わたしは粛々と診察をつづけます。

「معالسلامة」

 独り言ともしれない言葉を依然吐きつづけているのもそうなのかもしれません。

「بمفت,ةدنسزث‎ذطضصظجشكقخغح」

 目を閉じた時にまつ毛がふるえつづけているのもそうですし、漆黒の皮膚でありつつ目の下と頬だけが漆を失った炭色であることも、過度の緊張による不眠であることの証です。

「معالسلامة」

 腹部には心臓そのもののより大きいほどの拍動が打たれています。

「!ب」

 特にへその両横3cmのあたりの拍動はきつく、軽く圧してみただけで痛がります。

「!ب」

 対してへその下の丹田のあたりは力が無くぺこぺこしている。

「معالسلامة」

 へその直上から胸骨にかけて存在する鉛筆状のコリも、特徴の一つです。

「بمفت,ةدنسزث‎ذطضصظجشكقخغح」

 アラビア語全体の印象ととらえていた暗然としたトーンを、この患者さん個人の声質と受けとめはじめたあたりで診察を終え、治療に入ることにします。

※ 続きは『本を気持ちよく読めるからだになるための本――ハリとお灸の「東洋医学」ショートショート』(晶文社)でお楽しみください。