case.17  保険

「保険って使えないんですか?」というような質問をされることがたびたびあります。「使えたら、ずいぶん金銭面でもラクになるんですけど」

 それはその通りでしょう。

「ラクになるのが身体面だけじゃなくて」

「……っていう意味ですよね」

「わかっているんじゃないですか、先生」

「……ええ、まぁ、そうで……」すけど……という言葉尻に噛みついてくるような勢いで、だったら保険を使えるようにしてくださいよッ! と凄んできたりもしますが……「……それ」

「ん? 〝 それ 〟?」

「……それ……その要求……は」

「〝 その要求 〟?」

「……国の方に言ってくださいよ」

 というように返すこともあるのですが、いくらそれまで凄んでくるような熱量でしゃべり続けてきた患者さんでも、そのままの熱量で国にまで言いつのる人はなかなかいません。

「……国」

 あくまでここは〝 国 〟 という領土の中にあるのです。

「……そうです。国です」

 〝 国 〟 にはお世話になっていることが多々あります。

「まぁ、なら、しょうがないですね」

 国が決めていることならしょうがない……というように声のボリュームを落としていって、結局みずから話題を変えていくような患者さんがほとんどなのですが

「でも」ここからがこの患者さんはちょっと違いました。「保険が使える治療院とかもあるじゃないですか?」

「……あぁ」

「ハリとか灸とかも」

「……はい」

「ありますよね?」

 たしかにございます。

「あれって」

「……はい」

「国がどうこうって話は関係ないですよね?」

「……いえ……」とだけとりあえず返した後の言葉は、わたしの方でもうまくすぐには継げません。「……そのぅ……」

「それとも、そういう鍼灸院は国とうまいことつる・・んでいるとでもおっしゃりたいんですか?」

 話の向かう先が少し鋭く尖ってきているようでもあり

「国の方針にここの鍼灸院は合わせられないから」

 その矛先がわたしに向けられてきているようにも感じられてきます……

「国の方針にここの医療施設は合わせられないから、保険は使えないってことなんじゃないですか?」

 まさしくハリの尖端のように、わたしの方に向かってきます。

「国の方針に逆らっているから」

 〝 鍼 〟 というより、この 〝 方針 〟 という言葉の中にある 〝 針 〟 の方が合っているかもしれません。

「……まぁ」たしかにわたしは 〝 針 〟 ではなく 〝 鍼 〟 を打ちます。「……言われる通り、方針はいくらか異なっているとは思います」

 とはようやく返しつつも、べつに非合法的なことはしておりませんし、非国民的なふるまいも好きこのんでしたいわけではありません。

「……患部とは関係のない所にも、鍼を打ちますから」

 保険の原則的な対象となる患部のみのハリだけでは根治は難しい ―― と考えているだけのことです。

「……他に隠れている症状も診て治療していきますから」

 現在保険の対象となっている疾患は、神経痛、リウマチ、腰痛症、五十肩、頚腕症候群、頚椎捻挫後遺症の六つに限られています。

「……保険の適用には、医師の同意書が必要ですし」〝 医師 〟 というのは、もちろん解剖学や生理学といった西洋医学側の知見を基に成り立っています。「……医師の方だって、なかなか説明のつかない医療に自分の患者を任せられないでしょうし」

 同意書を書くことが意味するのは、自分の患者を手離すことでもあります。これも国民保険の制約上、一つの疾患に対しては原則一つの医療機関に限られているのです。

「えッ!? 同意書を書いてもらうと、もう医院の方には治療してもらえなくなっちゃうんですかッ!?」

 たとえばこの患者さんが今抱えている 〝 腰痛症 〟 は、保険を適用する場合、複数の医療を受けることはできません。

「……はい。原則は」

「えッ」

 メカニズムが体系立っている西洋側の医療をわざわざ手離すのは、なかなか勇気のいることでもあると思います。

「……国の保険も財政的にきびしいですから」

「一人にいくつもの治療はまかなえないと?」

 もしわたし自身が患者であったとしても、保険を適用する場合は、無難に病院や医院を選ぶかもしれません……レントゲンや血液といった検査の権限もありますし。

「……まぁそういうことです」

「それはきついですね……」

「……ハリとかお灸の方は、はっきりと目に見える効果ではなかったりもしますから」国家資格とはいえ、〝 鍼灸師 〟 にもハリとお灸の効果のメカニズムを説明するのはなかなか難しいのです……「……ついつい 〝 気 〟 とか」

 〝 エネルギー 〟 とか、抽象的な言葉で表すしかなく……

「あぁ、そういう単語はなんだか」

「……ええ」

「うさんくさいですしね」

「……でも、それしか言いようがない所もあり……」

 なるべくわかりやすく、西洋医学上の 〝 神経 〟 や 〝 血行 〟 や 〝 筋肉 〟 や 〝 筋膜 〟 などに置き換えて説明しようと努力したりもするのですが……

「まぁそういう 〝 気 〟 や 〝 エネルギー 〟 といった所からアプローチしないと、血行や筋肉なども根本からはほぐれていかず、中で圧迫されている神経も解放されず……」

「はい?」

 人体のメカニズムを説明しきることは難しく感じます……

「……はい」言葉そのものの力の無さを痛感するくらいです。「……えーと」

「えーと? 何の話です?」

「……効果は 〝 感じて 〟 ください」

 と若干乱暴にも思う言葉に、最後は行きあたるだけだったりします。

「感じる?」

「……はい……まぁ、そのぅ……」

「感じるしかないんですか?」

「……そうです」

 何故ハリやお灸を患部とは異なる場所にも打たなければいけないのか?

「まぁそれしか」

「……ないんです」

 患部とは異なる場所に打っても効くのか?

「はぁ」

「……ええ」

 患部とは異なる場所に打った方が効くことも多いのか?

「ふーん」

「……はい」

「でも」

「……はい?」わたし自身にも不思議に感じられてきますが、患者さんの反応を見ていると、巨大な道理が背後に見えてきます。「……でも?」

「でも、ラクになってきたのは」

「……ええ」

「たしかだわ」

 大陸のように地続きになっている道理です。

 大陸のように区切りや隔たりの見えない全身とも言い換えることができるかもしれません。

「……そうですよね」

「うん」

「……ええ」

 少なくともこの島国・日本という局所をも呑みこんでいく規模の道理に感じられてきますが……

「身体面では、ね」

「……身体面」

「金銭面はガチガチなままだけど」

 わたしもただ 〝 感じる 〟 だけです。

「……ガチガチ」

「今の腰よりガチガチで、バリバリ」

「……バリバリ」

 言葉で説明しきれていない以上、国民保険にすみやかに適用されないのは当然のことのようにも思っています。

「でも身体がラクになれば」

「……なるべく金銭面でもご負担にならないような」

「おカネはいくらでも稼げるようになるかな」

 大陸のようにさらにのびていって、いつか東と西が手をつないでいけば……

「……ご負担にならないような料金設定にはしているつもりですが」

「なぁーんて」

「……ええ」

「ははは」

「……金銭面にもつながっていけるような身体面にはできるように……」

 保険の適用の範囲も面積もいずれひろがっていくことになるでしょう……