case.6  肝は青い?

 何を根拠にしているのかわからない所もあるのですが、東洋医学の世界では患者さんの体の色と臓器をセットにしてとらえる習慣があります。根拠をたずねようにも、もう何千年も前からのことのようですし、残っているのはこちらに有無も言わせない文献のみです。大体こんな感じの文言です。

以五色命蔵 、 青為肝 、 赤為心 、 白為肺 、 黄為脾 、 黒為腎 。

( 『黄帝内経 霊枢』 五色篇 第四十九 )

 なぜ心に異常があると赤くなるのか? なぜ脾に異常があると黄色くなるのか? なぜ肺に異常があると白くなるのか? なぜ腎に異常があると黒くなるのか? といった疑問の答えは、日々いろいろな患者さんのお体を診ていると、何となくわかってきます。

「……ずいぶん赤いですね」

 きっと心臓に負荷がかかっていて血圧も高いから、色も赤くなっているんだろうな……

「……ちょっと白いですね」

 きっと呼吸も浅くて熱をため込むこともできていないから、白くなっているんだろうな……

「……ちょっと黄色いですね」

 きっと消化がうまくないっていないから食欲も落ちて、肌の色も黄色や土色みたくツヤを失っているんだろうな……

「……若干黒ずんでますかね」

 きっとうまく排泄することができなくて、腎の機能も落ちて、黒っぽくなってきているんだろうな……

「……では治療に入りますね」

 といった具合に、そのまま色を一つの診断基準として治療に入っていくことも少なくありません。

「……腎にちょっと負荷がかかっているようですので、その高さの背中に」そのままその臓の高さにコリ等が生じていることが多いのです。「……ハリを打ちますね」

「ジン?」

 ときき返されて、腎臓の 〝 腎 〟 です――という漢字の説明はしますが、腎がそのまま腎臓だとはけっして言いません。

「じゃあ腎臓のこと?」

 東洋医学における 〝 腎 〟 は西洋医学の 〝 腎臓 〟 よりも範囲が広く、位置的には腰から陰部の方までを指します。

「……いえいえ」ですので、尿をつくるのみならず、尿をためこんだり出す器官の機能や生殖機能も有しているのです。「……腎です」

「腎」

「……そう」色が黒いからあなたは腎臓が悪い――などという診断の権限がわれわれ鍼灸師には法的には与えられていないことももちろんあります。「……腎どまりです」

 他の 〝 肝 〟 ・ 〝 心 〟 ・ 〝 脾 〟 ・ 〝 肺 〟 についても同様なのですが、この先頭の 〝 肝 〟 についてはいまだによく根拠がわかっていないのです。

「……やはり、腰の位置も若干黒ずんでいますかね……」何故 〝 肝 〟 に異常があると 〝 青 〟 くなるのか?「……腰痛もありますか?」

 内心では 〝 肝 〟 のことをこれまでに何十回……いや、百回以上かもしれない時と同じように考えながら、とくに発言の方は何も考えずに質問を続けつつ、ハリを打っていきます。

「ピンポーン! すごいですね!」べつに何らすごいことなんかありません。すでに何千年も前に存在していた文言の通りにやっているだけのことです。「当たりです!」

「……そうですか」

「あれッ」

「……どうされました?」

 すでにハリは刺して抜いてあります。

「あれれッ!」

 治療はシメに入っています。

「……痛かったですか?」

 体が重だるいと言っていた主訴の症状が、一気に治った! と言いたいわけでもないようです。

「当たったのに、全然嬉しくないんですか、先生ッ!?」

「……え」

「 〝 そうですか 〟 って、すましちゃって、このぅこのぅ」

 しかしながら、口調からは治療前の重だるさはいくぶん軽くなり、顔や腰の色の黒も劇的ではありませんが、薄くなっていることは見受けられます。

「……はい」

 このまま自宅にでも戻って安静に一日過ごしてもらえれば、きっと明日はもっと良くなっていくでしょうことを思いながら、会計に入ります。

「あれッ!」と再び声を上げます。「あれれッ!」

 とこの患者さんの口グセのようにまた続いていきますが、さきほどとは異なる事態のようです。

「そういえば、家に診察券忘れてきちゃった」

 と軽やかではあるけれども、内容は黒ずんでいる言葉を吐いていきます。

「だからあたしはバカなんだ、バカバカバカ」

「……当院はべつに診察券はお忘れになっても」

「バカバカッ、あたしってほんとにおバカなのよ、こういうところが……」

 と黒い言葉を吐ききった後には、緑とも紫とも言えないような色の脈が顔全体に浮き上がってきています。動物のレバーの役割をもつ五臓の一つが亢進して、体内に散らばっていった全血流をいっせいに帰陣させようとし始めているようでもあります。

「救いようがない……」西洋医学で言うところの 〝 静脈 〟 というやつでしょうか……「おバカなのよ……」

「……いえいえ」

「おバーカ」

 この臓に異常が出てくると、いわゆるイライラやカリカリが始まるようになります……

「だから、あの人にもバカ扱いされるのよ……」

 もしかしたら、もともとこの 〝 黒 〟 の下にはこの色が隠れていたのかもしれません……けっして赤ではない脈がさらに浮き上がってきています……

「……いえいえ、そんなことは」

「先生もそう心では思っているんじゃなくて?」

 もしかしたらこの色を 〝 青 〟 と言うのかもしれません。

「そう言われて、先生の顔、青くなってるわよ」