case.13  カゼ

「先生には日頃からお世話になっているので」時々治療院に来る患者さんです。いつもはとくにこれといった症状はなく、健康増進のために来院してくれるハリ灸にはもってこいの患者さんです。「少しおすそ分けを」

 と今日は施術を受けに来たのではなく、何かの品をもってきたかのように言葉を続けてきます。田舎から届いたおコメやお酒といったところでしょう。

「いつもありがとうございます」

 と礼までのべてから、椅子代わりにベッドに腰かけてきます。おすそ分けの品はどこでしょう?

「……はい?」

 と、ついわたしも催促するように言葉を返してしまいました。

「はい」

「……はい」

「はい」

「……はい」

「はいぃ」

 少し声がしゃがれているでしょうか。一向に見えてこないおすそ分けの品のことより、目には最初から見えない声の変容の方にひっかかりだしてきたので、めずらしいですね、とわたしの方から言葉の内容を変えました。

「……カゼですか?」

 顔色もやや赤みがかっているのです。

「自分としたことが、夏気分のままクーラーをガンガンつけてランニングで寝てしまって」すでに九月の中頃をすぎています。それも昨日は気温の落差も激しかったのです。「朝起きたら、こんな状態です」

「……こんな状態」

「体温もためしにさっき測ってみたら、37.7。ひき始めですかね。セキも出てきていて」と自己申告してから、わざとらしく二度三度セキをします。「ゴホン、グォホン、グォフォン……」

 と、どんどん人語から離れていくように、セキ払いをためしにしてみたために止まらなくなっているようでもあります。たしかに 〝 ひき始め 〟 なのでしょう。

「グォッフォォン……すいません、カゼなんて本当数年ぶりですから」

「……そうですか」

 どうやら今日はカゼの治療のために来たようです。

「カゼなんて・・・」とやや見下している口ぶりからしても、カゼを簡単なもののようにとらえているのでしょう。「すぐに治せますよね、先生? だから、わざわざもってきたんです、病院よりこっちに」

「……もってきた?」

 おそらく 〝 伝染しにきた 〟 という悪意のあるものではないでしょう。

「ええ、おすそ分けとして」

 どうやら 〝 おすそ分け 〟 というのは、カゼは簡単に治せる → だから治療院側もラク → 簡単に儲けられるというような思考回路から出てきている言葉のようですが……

「……あぁ」わたし個人はそんなにカゼを得意としていません。「……ええ」

「病院でも出されたクスリをめば、すぐに熱とか下がるし、セキもなくなるし」

 というラクの根拠を生みだしている西洋医学との治療の違いを説明するのも、なかなか難しいところがあります。

「……まぁとりあえず始めます」

 手首の脈をとり現在の進行状況を診てから、ハリをいくつかのツボに刺していきます。

「本当に今刺さってるんすか?」ときき返してくるくらいの浅さです。「全然痛くないすよ」

 べつにわざわざ深く刺す必要もないのです。

「……まぁたしかにひき始めのようですから」いつも診ている時よりも1・5倍ほど脈が速く、外から入ってこようとしている 〝 カゼ 〟 というより 〝 風邪 〟 という邪気と皮膚近くの表面で戦っているのがわかります。「……フウジャと戦っているようですから」

 と、つい東洋医学的な読み方をしてしまいました。

「フージャ?」と返されます。「何すか、それ?」

 とこのフウジャという異質な読み方それ自体をウイルスや細菌のようにとり扱って、体の内側に入ってこないようにしてきます。

「……いえ、何でもありません」

「はぁ」

 風邪をフウジャと読む根拠の一つとなっている 〝 邪気 〟 については、この方もきいたことがあるだろうと思いつつも

「……カゼのことです」と一般的な読み方にすぐに改めます。「……わかりづらくて、すいません」

 東洋医学的な言い回しをすると 〝 ? 〟 マークの下の点のような目つきに変わることが多いので、とりあえず今は引き下がっておきます。

「……えーと」

 相手の腑に落ちるほど深く、今は説明する必要はありません。

「えーと?」邪気の一種である風邪がそのまま進行して、皮膚よりも深い位置に侵入していくだけです。「まぁ今はいいや、自分も」

 体の奥深くに侵入して、肺や胃や肝臓や心臓といった臓腑にまで達しないように体の内側を応援するのが、今回の治療の役割です。 〝 風邪は万病のもと 〟 という言い方は、きっと広く認識されているのでしょう。

「……はい」

 風邪を押し返そうとするために、熱を発して、セキを催して、クシャミも発して

「ヘックショォ~ン……失礼」鼻水も出して、痰も出そうとする。「すんません、ティッシュもらえますか?」

 初期症状のすべては、西洋医学的に言うところのウイルスや細菌を殺すためにしている防御反応とも言えます。

「……どうぞどうぞ」

 その初期症状を無理やり抑えようとするのは、えてして自殺行為とも言えないでしょうか? とまでは、さすがに今この患者さんにきき返せないので

「……どうぞ、何枚でも」とティッシュを渡して、どんどん鼻水も痰も出して鼻腔や気道をきれいにさせるように促します。「……どうぞどうぞ」

 とクスリを出すようにも言いますが、現在の状況では解熱剤や鎮咳剤といったものは当院では出しません。

「まぁ最初よりはちょっと・・・・はラクになった気がするけど」 

 という言葉はひょっとしたら社交辞令的なものかもしれません。

「あッ、またクシャミ……」わたしの目にはセキやクシャミは最初よりもはげしくなっているようにもうつっています。「グォッワォッツォーンヌッ!」

 耳にきこえる音も同様です。猛々しく縄張り争いをする獣のようですらあります。

「……では、治療はこれでおしまいです」

 きっとこの戦いには勝つことができるでしょう……近いうちに。

「えッ、これでおしまいッ?」

「……はい」

「えッ」

「……はい」

 以上の言葉を返して説明したところで、今は押し返されるだけでしょう。

「……いつもよりは早く治るはずです」ぐらいの説明で精一杯です。「……肺炎とかにまではならず」

「 〝 いつも 〟 って……」

 普段あまりひかないのだから、比較しようがない ―― といった所なのかもしれません。

「まぁ、いいや、もう」

 だから、わたしはカゼがそんなに得意ではないのです。