case.14  読売ジャイアンツ・沢村投手の刺鍼事故について

 九時の開院までにはいろいろとやることがあります。23 ~ 25℃ という治療中の適温を保つためにエアコンを点けることから始まり、ベッドのシーツを換え、枕のカバーを換え、ハリとモグサの在庫を確認し、その戸棚から消毒液のタンクも持ってきて、消毒設備そのものを消毒するかのように補充してから、その液を早速垂らした布で一つ一つを拭いていきます ―― ハリを置くトレイ、使い終わったハリを入れる廃鍼箱、モグサを入れてあるステンレスのケース、燃えきった後のモグサを浸すバケツ、それら一式を載せているキャスター付きのワゴンそのものも拭いてから、窓を拭いて、その下の壁際の床から今度は掃きそうじに切り替えていきます。ベッドの下にはモグサの灰が落ちていることが多いので念入りに掃いて、待合所も掃いて、玄関でホウキを室内用から室外用の粗いものに切り替えて、通路の落ち葉等を掃いていきます。季節柄どうせまたすぐに落ちてくるのでしょうから、ホウキの変化もろとも室内よりは粗めに掃ききって、郵便受けで折り返してきます。昨晩の閉院の際にも一度確認しているので、中に入っているのは新聞の朝刊くらいです。ざっと目を通しながら通路を引き返してきて、戸を開けようとしたところで、つい地面に落としてしまいました。本来は待合所に置いておく患者さんのための朝刊です。

 この朝刊もエタノールででも消毒しなくてはいけないように感じつつ、きっとこの事故はこのような衛生面による問題ではないのでしょう。

「沢村がはりで傷めたのって、どこなんですか?」

 と今朝一人目の患者さんから早速たずねてこられました。

「ネットの方だと、長い胸の神経って書いてあったけど」すでにインターネットの方でも記事が出回っているようで、さらに情報が詳しいみたいです。「それって、どこ?」

「……長い胸……」とつぶやきつつも、長胸 ( ちょうきょう ) という名の神経であることは、わたしもわかっています。「……神経……」

 要は、そんな神経に傷がつく程のはりが打てるものなのか ―― ということです。

「さすがにアタシもこわくなってきちゃって」

 となかなか答えてくれないわたしに対しても恐怖をおぼえはじめているように、患者さんの方がおそるおそる言葉を継いできます。

「今日どうしようかなって」なんでも今朝一番の予約もキャンセルしようか悩んだそうです。「でも、開院前の時間に電話とかメールとかするのも悪いかなって」

「……ええ」

「ええ?」

「……えーと」

 なんだか自分も悪いように感じられてきたので、とりあえず詫びておきます。

「……なんだか……すいません」

 〝 はり 〟 師としての連帯責任のようなものでしょうか?

「べつに先生が謝らなくていいと思いますけど」

「……そうですね」

 たしかにそうかもしれません。

「そのはり師が悪いんでしょうから」

 こちらの言葉については、すみやかに頷き返すことができません。まだわたしの中で断定はできていないからです。

「……長い胸の神経と書く長胸神経は頸椎の5番、6番、7番から出てきている神経でして……」とここでようやく神経についての説明を端的にまじえて、少し茶を濁します。「……前鋸筋 ( ぜんきょきん ) という肩甲骨と胸の内にある筋肉を支配しています」

 とも続けながら実際にその部分を触りながら治療も進めていきますが、本当にそこにハリを打って神経を傷つけることなど、そもそも可能なのでしょうか?

「あぁ、けっこーそこ気持ちいいですね」

 沢村投手はアスリートのかたですから、もともと筋力トレーニングによるオーバーユーズ ( 使いすぎ ) なども素因としてあったのでは? とも勘ぐってしまいますが、この記事だけでは詳細はわかりません。

「そこにも打ってくださいよ、はりを」とこの患者さん自体がだんだんと沢村投手のようにも感じられてきますが、正式には 〝 沢 〟 ではなく新聞記事には適さない 〝 澤 〟 であるらしいように、 〝 はり 〟 と 〝 ハリ 〟 にも正式にあてる漢字があります。「 〝 針 〟 を」

 〝 針 〟 と勘違いするかたも多いのですが、正式には違います。

「…… 〝 鍼 〟 ですね」という画数の多い漢字をあてるので、あえてひらがなやカタカナにしているだけのことです。注射 〝 針 〟 のような太いものではなく、ヒトの髪の毛程度の 0.1 ~ 0.2 ミリ程度の細さが 〝 鍼 〟 という繊細な漢字の正体です。「……では軽めに……」

 ちなみにその鍼の細さは日本の 〝 鍼 〟 に限ったことでもあるようで、はりの発祥となるお隣・中国では注射針と同じ 〝 針 ( ジェン ) 〟 と書きます。

「でも先生、もうちょっとしっかり刺してもらわないと、効いている気が……」

 さらなる刺激を求める患者さんにはその中国原産の太くて長い 〝 針 〟 を用いる人が日本人にもいるので、その場合は神経を傷つけることもありうるのかなとは思います。

「……はい」何せ神経はわたしたちが自覚しているよりもすごく太くて丈夫なものです。ましてや、日頃体を鍛えているアスリートだとすれば……「……いえいえ」

「いえいえ?」

 いずれにしても、無駄に刺しすぎる必要はありません。

「……いえ、あまり……」いくら筋肉をもとから傷めていたとしても、その浅層にある血行や気の部分からじっくりと治療していくのが、実は一番の近道だったりします。「……一ヶ所を深く刺しすぎない方が……」

 さらに言えば、やはり局所よりも全体から治療していった方が、効果の持続や予後にも良い影響があります。

「でも、今、触ってもらって気持ちよかったですし」

「……そうですか」

「そこがもしかしたら一番凝ってるのかなって」

「……まぁ肩・腕・胸と関わってくる筋肉ではありますんで」

「だからもう少ししっかり刺してくださいよ!」

 患者の刹那的な快楽に付き合いすぎてはいけないのですが……はたして真相は。

「……じゃあこれくらい……」

「もっと! もっと!」

「……これくらい……」

「もっと! もっと!」

「……これくらい……」

「足りないですよ! 足・り・な……」

 とリズムをつけだした所で急に言葉を止めたので、何事かとわたしは思いました。

「……大丈夫ですか? ちょっと刺しすぎてしまいましたか?」

 とたずね返してみても、応答がありません……

「……細いハリなので、神経を傷つけたりはしていないと思いますが」まだ澤村投手の一件を浄化できていないのでしょう。「…… 〝 機能障害 〟 は起こしていないでしょうが……」

 そして患者さんの方もまたその一件を忘れていたわけではなく、常に脳裏にこびついてはいたようで、いや、今思い出しただけです……と少し間をおいた所であっけらかんと返してきます。

「……今思い出した?」

「他にもありましたよね、昔?」さらに他の件についても思い出したのだそうです。「同じジャイアンツで」

 同じ投手で……とも言葉を継いだのみで、今回はいそいそと治療院をあとにしていきました。足どりは治療前よりいくらか軽くなっているでしょうか。

「……同じジャイアンツで……同じ投手で……」

 と後日休診日に最寄りの図書館でつぶやきながら、昔の新聞記事を探します。

「……あぁ」

 今回もジャイアンツの親会社でもある読売新聞とスポーツ報知に載っていました。何でジャイアンツの投手ばかりなんだろう? という疑問以上に、強い疑問をおぼえる内容です。