case.11  美容鍼

 ハリは漢字で書くと、とてもややこしい字体になります。 〝 鍼 〟という画数の多い漢字になるので、当院ではカタカナで表記することがほとんどなのですが、最近では患者さんの方からわざわざ 〝 鍼 〟 の字を書いてくることも増えてきています。

「はい、これです」と言って渡してくる予診表の 〝 主訴 〟 の欄に、 〝 鍼 〟 の字を正確に書いています。いにしえからの伝統を守ってという感じの人ではありません……失礼ながら。「シュソは」

 と 〝 主訴 〟 の方をカタコトのように発しながら、自身の顔を指します。

「……美容鍼」

 とそこには書いてあります。

「そう、美容鍼びようばり」という発音の方は、すでに何度もしてきているらしく板についていて、音読みの方でも言い直してくるバリエーションももたせてきます。「美容鍼びようしん

「……シン」わたしの方がすぐにはうまく互換できなかったくらいです。「……あぁ、ハリのシン」

「そうよ、そうにきまってんじゃない、まったくもう、そうにきまってんじゃない、ここはいったいどこなのよ、はり灸院でしょ、しん灸院でしょ、まったくもう、それとも届け出とかしてないわけ、ほんとにもう……」と止まらなくなっているその女性の患者さんを早速横に寝かせて、顔色、肌ツヤ、舌の状態、手首の脈の強弱、さらにはおなかの硬軟なども診ようとしたところで、チョットストップ! とあわてた口調に突然切り替えて、みずから止めてきます。「アナタ!」

 と英語か日本語かもわからないカタコトで続けてきます。

「ドコさわってんのヨッ!」どうやらわたしの手の方も止めようとしているみたいです。「アタシは美容ばりで来たのよ、美容しんで!」

「……はい」

 まだわたしには患者さんがおっしゃりたいことの主旨がわかりません……

「テレビや雑誌で見て、来たのよ! 美容ばりの、しんの!」ようやくだんだんとわかってきました。 〝 ばり 〟 とも 〝 しん 〟 とも呼ぶほど、たくさんの美容のための施術を見てきたのでしょう。「顔にたくさんして・・くれるのが、ばりでしょ、しんでしょ!」

 まだ 〝 はり 〟 という発音は残されているようなので、もちろん顔にもする・・ようにしますが……と相手の言葉を逆なでしないように乗っかりつつ、説明を続けます。

「……はり・・は全身に打ってこその効果があるのです。人の目に触れるのはたしかに顔が主ではありますが……」とやや説法じみても感じられつつ、手の方の動きをさりげなく再開していきます。すべては患者さんのため。すべては美容のためでもあります。「……たとえば内臓や腸などの調子が悪ければ、うまく体外に老廃物なども排泄されず、顔色も黒ずんだり、ツヤを失ったり、水分の代謝もうまくいかずに舌がふやけたり……」

 とあくまでサンプルのように挙げ続けていきますが、まぎれもなくこの患者さんの現在の身体状況です。

「……手首の脈の動きにもムラがあったり、おなかの硬さや軟らかさにもムラがあったりすると……」直接言うと、あたり・・・が強くなってしまうように感じられているからです。「……美容にももちろん悪い影響があります」

 もちろんする・・鍼の方も、皮下に軽く入るかどうかといった深度です。

「……痛くありませんか?」

「ええ、まぁ」と淡々といった感じで、おなかや足の鍼にも反発してこなくなっています。「けっこう浅いでしょ?」

「……ええ」

 言わば水はけの悪い状態なので、深く刺し入れると内出血を起こしやすくなっているのです。毛細血管もいくらかふやけてしまっているのかもしれません。

「全然問題ないけど」

「……けど」

「顔にもちゃんとして・・よね」

 内出血は完全に避けることは難しいのですが、直接顔にする・・よりは確率を抑えられるので、しっかりとおなかや手足、背中にも鍼をして血行などの流れを促してから、顔に近づいていきます。

「……はい」たしかに首から耳にかけては比較的硬くなっています。西洋医学的にはリンパという言い方もするでしょう。「……首も胴体との架け橋ですので……」

 うんぬんという説明も交えながら、緊張のはげしいアゴやコメカミや眉間や頭皮の方にも鍼をします。

「ホウセレイセンにもして・・よ」

 と相変わらず命令のように催促してきますが、声の方にも血液が通い出したかのように、ずいぶんスッキリしてきこえるようになってきています。

「鍼をしてよ」という 〝 鍼  〟 の字も老廃物が一掃されていくかのようにきこえるようになってきています。「ハリをしてよ」

「……ハ……リ……」

「そうよ」

「……たった4画」

「はぁ?」

 という語尾の方もきちんとリフトアップされていることを確認した所で、治療はおしまいです。

「でも、する前よりけっこーシュッととしたわね」

 わたしとしては美容のためというより健康のためにハリをしたまでのことです。

「やっぱ人気が出るわけだわ」

 性別をまたぐ程の美容ブームに乗っかって、最近では 〝 美容鍼 〟 をメニューに加える治療院も多く、実際にわたしも開業前にメニューに加えることを経営目線で同業者からすすめられたこともあるのですが、いまいち普通の治療との違いが見い出せません。

「でも次回は顔だけでいいわよ」

「……そうですか」

 いつものハリだって美容のためにはなっているのでしょうし。

「それで」

「……はい」

「次回はいつ来ればいい?」

 たしかに顔だけにして・・いたとしたらすぐに効果も戻るでしょうから、より頻繁に来てもらえて儲かるのかもしれません。

「……いつでも」

「はぁ?」

「……いいですよ」

「何言ってんのぉ? あんた経営者でしょぉ?」

 このリフトアップの方もしばらくは持ちそうです。