case.10  浅いハリ ―― 深いハリ

「浅すぎて何にも感じないようなハリにカネなんて払いたくないし」自分が患者としてハリを受けていた頃のお話です。今回はかなり個人的なお話になると思います。「深すぎて痛い拷問みたいなハリなんかわざわざ受けたくないし」

 今思うと、かなりワガママな患者だったようにも思われてきますが、いろいろな鍼灸院に受けに行ったところで、自分の体質い合うハリが見つからなかったのだから仕方がありません。

「だからハリはいつまで経ってもマイナーなままなんだ」

 というようなハリに対する大方の世間のイメージにも理解を示しつつ

「でも、いつまで経っても残り続けてはいるんだよな」

 というような事実には目を背けるわけにはいきません。少なく見積もっても二、三千年以上は残り続けているのです。

「あぁ~♪ やっぱりハリは効くなぁ~♪」というように歌でもうたいだしかねない調子で絶賛する人も、ちらほら目の前に現れてくることもあります。「カゼにも効くし~♪ 筋肉痛にも効くし~♪」

 というようなあんばいの賛辞を耳にするたびに、そのハリを行なっている鍼灸院を訪れてみるのですが、自分の体には 〝 浅 ―― 深 〟 のどちらかに振りきれてしまうハリばかりです。

「……はぁー」

テレビや雑誌などで見かけた治療院に行ってみても、同様の結果です。

「……あぁー」

 というように続いていくため息が、ある地点で止まり、一件落着を迎えるというようなハッピーエンドは、今回のこのお話にはございません。

「……あぁー」

 あくまで自分一人の個人的なお話として残り続けていく呼吸の吐息です。

「……あぁー」

 自分自身が治療する側に回った今現在も続いています。

「……あぁー」

 ハリ自体の数千年の歴史であるかのように、細々とではあるけれども、絶えることなく続いていく息を吐きながら、それでもわたしはこのようにも考えるようにはなっています。

「……あぁー」

 浅いハリが合う個人もいれば、深いハリが合う個人もいる。

「……あぁー」

 この世に生きている/生きていた個人の数だけ、ハリの深浅があっていいじゃないか……

「……あぁー」

 個人一人の体の中にも、浅いハリを欲している場所と深いハリを欲している場所があるように感じられるようになってきたのは、ここ最近のことです。

「……あぁー」

  カゼやセキといった内科的疾患には皮下に少し刺し入れるくらいの浅いハリの方が、腰痛や五十肩といった運動器疾患には筋層にまで届くくらいの深いハリの方が向いている ―― という話は先代からの受け売りですが、その時々の状況によっても、体が欲するハリは異なってくる。

「……あぁー」

 その時々の状況に応じて、ハリの深浅は変えていこう……

「……あぁー」

 かつてのわたしのような患者が来たら、浅いハリと深いハリをおり混ぜたりもしていこう……

「……あぁー」

 少なくとも、自分の治療院では浅いハリか深いハリかといったようなスタイルは持たないようにしております。

「……あぁー」

 患者さんの体を診てから決めよう……という言い方を悪くすれば、行き当たりばったりのハリを心がけるようにしております。

「……あぁー」

 体の部分や局所によっても、そのハリの浅 ―― 深は変わってきますので、どうぞご理解ください。

「……あぁー」

 というような音も耳障りに感じられてくるかもしれませんが……

「……あぁー」

「あぁ?」

 この風や水や火の音を流す治療中のBGMは、初代から続いているものです。

「……大自然の風の音みたいですね」きっと二代目も初代もこのような行き当たりばったりのハリだったように感じられてきます……「……あぁー」

 ヒトの体そのものが引き返すことのできない行き当たりばったりの存在なのでしょうから……

「……あぁー……ここは深めに打ちますね……」

 わたしの頭の中か、目の前には、ときどきこの自然界の壮大な風景がうかんでくることがあります。

「深めに?」

 丘も川も湖も海も……それから山も谷もあります。

「……ずいぶん険しくなっていますので、傾斜が……」

 渓谷もあります。